上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

留学という選択肢 2

canada-funny-canuck-hosehead-demotivational-poster-1235793016.jpg

前回のつづき

その後、ある日父が「ちょっと父さんの友達に留学の話ききにいくか?」
っと行ってきたので短期留学(夏休みか冬休か春休みのどれかで1、2週間留学したいなって思ってた)の話でも聞こうかなって思って父の友達のところに行くことになりました

その父の友達(Iさん)の家に着いていろいろ話を聞いていました
俺はIさんが短期留学の話をしてくださると思っていたのですが
Iさんは俺が海外の大学に進学する話を聞きに来たと思ったらしく
長期の留学をすすめられました
「え?俺短期の留学の話を聞きにきたんですけど・・・」この時まで海外の大学に行くなんて思ってもいませんでした

ちなみにIさんはIさんはある会社の社長でもあり学校の先生でもあるという
すごい方です

いろいろ話を聞かせてもらったあと
「は~考えてみます」っと私が言うと
「考えるんじゃない、決断するんだ」って言われました
Iさんの言葉にはなにか力がありました

その後悩んだ末カナダ留学を決意するわけですが
そのときはこう考えていました

日本の大したことのない大学に指定校推薦でいってなんとなく楽しく大学生活をすごすのか
海外(まったく新しい環境)に行って新しい文化に触れ、いろんな国の友達を作り、英語を学び刺激に満ちた生活を送るのか
自分が得るものの量を考えた時に留学するほうが成長できると思いました

もちろん周りのサポートは決断するうえでホントに助けになりました
学校の英語の先生に週に1回補修をしてもらい
実際にカナダに留学した方(Iさんの娘さん)にいろいろ相談したり
友達は「留学とかすごい」とか「がんばって!」といってもらって
親は留学の手続きをほとんどやってくれて
感謝することだらけです

今はホントに留学してよかったと感じていると同時に留学を決意した自分に感謝しています

「異なる環境での新たなる発見は、必ず自分の成長の糧になるはずだ」 byきんぐかず


最近は忙しいのであまりブログに時間をかけれませんが今後もよろしくお願いします

カナダにきて日本語下手になってる、、、


スポンサーサイト

7 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。